姫新線利用促進・活性化同盟会

アクセスカウンター

【開催しました】姫新線天体観測号 日本一の望遠鏡で冬の星を観よう

JR 姫新線チャレンジ300万人乗車作戦事業!

姫新線天体観測号 日本一の望遠鏡で冬の星を観ようin西はりま天文台

JR佐用駅に集合し、貸切バスで西はりま天文台へ行きました。西はりま天文台では、昼間の星の観察会や、公開望遠鏡として世界最大級を誇る「なゆた望遠鏡」での観望会が開催されました。




日時 平成30年12月1日(土)14時35分~19時
場所 兵庫県立大学西はりま天文台
出演者・講師等 石田 俊人 博士(兵庫県立大学西はりま天文台副センター長)
参加人数 36名


参加者の皆さんには、姫新線に乗って佐用駅に集合していただき、貸切バスで西はりま天文台へ向かいました。当日は晴れ間も覗いていましたが、雲が多いあいにくのお天気。太陽の観察会では、太陽が雲に隠れてしまい、残念な思いもしました。
しかし、公開望遠鏡として世界最大級を誇るなゆた望遠鏡では、火星など、いくつかの星を観察することができました!
なゆたの大きさ、動きの迫力は感動もの!
帰り際には、雲が切れ、天文台の石田先生から、肉眼で観察できる星空の説明を伺うことができました。
次こそは、晴れた日の満天の星空を見てみたいですね。